農業文化圏cxxxxxxx

HOME>あおなみ線編>名古屋競馬場前駅「農村回帰」


P R


上記以外で体験情報に関連のあるKids環境ECOワード

「屋上緑化」「ビオトープ」「生物多様性」

◎休館日を除く毎日
※詳しい開催日時等は下記の《体験施設お問合せ先》にてご確認下さい

戸田川緑地

とだがわこどもランドを望む、広大な芝生広場  

名古屋市内で農業について学び体験できる農業公園の
「農業文化園・戸田川緑地」。
花と水と自然に恵まれた環境のなかでお花の生態や農業の歴史、実績の昆虫展など楽しみながら学べます。
バーベキューも楽しめる農業文化圏になりました。

 
   
 
桜並木2021春  
 
 
公園北側2021春   
 
新型コロナに対応して注意を呼びかけるはなれて遊ぼうノボリ   

さまざまなイベントが中止になる中で
地産地消の『軽トラ一市』が開催されていました。

12月5日(土)(10:00am~3:00pm)

 
   

 

中川区発祥の野崎白菜を育成から販売まで手がける女性グループも出品
リーダー的存在のNさんが前日の夕方地元テレビ局の取材を受けたこともあって
人気となり
開始早々から賑わい、
幻とも呼ばれる希少種『野崎白菜』は小一時間で
完売となってしまいました。

その他にも中川区、港区の農業者の軽トラに水耕三つ葉やミディトマト、大根、かぶなど
地産地消野菜が並び、多くのお客様が来場していました。
こういった機会をつくってくれる農業文化園

2021年も大いに期待です。

 

 
 



世界の昆虫展
常設展示中

東南アジアや南アメリカを中心に棲息する貴重な世界の昆虫を常設展示しています。

 
 
 
 

昆虫館でトンボの眼を体験しよう

 

 

 

以下は

広大な敷地内の

春夏秋冬の季節を楽しむ公園内の風景です。

カメラ片手に

出かけるのもあたらしい発見があって

リア充がいっぱいです。

 

 

 
 

 

 
   
2018  

(2018年3月27日)撮影

 
 

2017年4月8日)撮影
農業文化圏・戸田川緑地では何種類もの桜を観賞できますよ。
幹に掛かる名板も観察し、美しさの違いを確かめてみましょ。

 

 

 

地産地消コーナーでは旬の地元野菜を始め、
フェアトレードチョコレートなど、人と地球に優しい商品が
並んでいます。
心がほっとあたたまる『戸田川陽だまり館』です。
いちど、のぞいてみませんか。


 
2016年10月撮影↓  
 
刈り取った稲を『はさば』に乾燥のために掛けられた光景。  
   
 

おサルのお月見

 
   
農業科学館前芝生広場↓  
 
 
2015年4月春の桜まつり↑  

 

 

 

2013年以前HISTORY

 
 
春は桜の名所に
 

実際に見て参加して楽しめる「農業文化園」で、
農業や生物の知識を深めよう。

 農業文化園は、農業の歴史を学び農業の必要性を認識し、花を愛する心を育む憩いの施設(農業公園)として、名古屋市制100周年の平成元年5月に開設されました。
 「農業科学館」では、昔使われていた農具を展示したコーナーやバイオテクノロジー利用による組織培養室、世界の昆虫を展示した昆虫標本室などがあり、農業の歴史や生物について学べます。

 
農業科学館/

「農業科学館」

 

 この施設では「食べ物」「農業」「自然」「生き物」「健康」をテーマとした様々な企画展や講習会が定期的に開催されています。
 また、屋上のスカイガーデン(屋上庭園)では、様々な屋上緑化手法が紹介されており、この庭園を一周すると、屋上庭園、屋上緑化の具体的なモデルを観ることができます。

 
農業技術史コーナー 新しい農業コーナー

「農業技術史コーナー」

「新しい農業コーナー」

世界の昆虫標本室 ランの組織培養かいせつコーナー

「世界の昆虫標本室」

「ランの組織培養かいせつコーナー」

 
 
戸田川・西の森 植樹後  
戸田川・西の森 植樹後  
COP10開催記念植樹 西の森 看板
COP10開催記念植樹 西の森 看板
 
 

温室で育つ世界の植物や、花壇用花苗の生産環境を
見学して、様々な花について詳しくなろう。

 花き、ラン、熱帯、亜熱帯の4つのテーマの温室がある「フラワーセンター」では、それぞれの温室で多彩な植物を自由に見学できます。
 また、良質で安価な花壇用花苗を大量に生産するセル苗生産システムを備えた「花工場」では、ここで生産された花苗が公園・道路などの花壇へ供給されています。

 
フラワーセンター

「フラワーセンター」

 
洋ラン 熱帯温室

「洋ラン展で展示された洋ラン」

ラン温室
「ラン温室」

「熱帯温室」

 
花工場全景

「花工場全景」

ハーブのテスト栽培 温室室内

「ハーブのテスト栽培」

「温室室内」

 
 
水車小屋  

「晩秋の水車小屋」

 

農業文化園の講習会やイベントに参加して、
身近な農業体験をしてみよう。

 農業に関心や興味があっても、都市部ではなかなか身近で体験できる機会がありません。そこで、気軽に農業を体験できる機会を提供するために「農業文化園」では、隣接した田んぼや畑を利用した米作り・野菜づくりの体験教室が開催されています。

 
サツマイモ畑

◎様々な水辺の生き物達が暮らす「水田ビオトープ

◎花や野菜の収穫体験に
 参加できる「戸田川緑地
 農園」

 
体験水田 体験水田
体験水田
 

体験水田

 

 「たんぼの楽校(がっこう)」では、田植えから草取り、カカシづくり、稲刈り、脱穀・もみすりまで、米づくりの全てを体験できます。
 また「野菜づくり体験」では、タマネギ、サツマイモ、ダイコンなど季節ごとの野菜づくりや収穫を体験できます。

 
生態系園  
生態系園全景  
 
ビオトープ ビオトープ
 

水田を利用したビオトープ

 

 
ページの先頭へ戻る  
 

 

【4.5.6月】

ECOドコオススメ
【体験イベント情報】

春でも珍しい昆虫を観察できる常設昆虫館に好奇心いっぱい。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、ご参加の際はお客様の安全確保のため、並ばないよう整理券を配布し、一度に体験する人数の制限を設けさせて頂きます。また、受付にアルコール消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。

【体験施設情報】

農業文化園・戸田川緑地(農業科学館及びフラワーセンター)
■営業時間:
 9:00〜16:30
■休館日:
 毎週月曜日(祝・休日の場合は
 その直後の平日)
 年末年始(12/29〜1/3)
■入場料:
 無料

《体験施設お問合せ先》

農業文化園・戸田川緑地


(外部リンク)

TEL 052-302-5321
FAX
052-303-6116

名古屋市港区春田野二丁目3204


【アクセス方法】

あおなみ線「名古屋競馬場前駅」下車
名古屋市営バス(東海12号系統)「名古屋競馬場前駅」停から、河合小橋行にて「南陽支所」停下車※案内放送があります
徒歩北へ5分

無料駐車場あり(イベント等開催時は有料)

大きな地図で見る

Copyright(C)2010 adscoop Kids-Kankyou-Ecoword.ECO-doco All Rights Reserved.