Kids環境ECOワード体験情報ナビECOドコ あおなみ線編

HOME>あおなみ線編>ささしまライブ駅「フェアトレード」


P R


フェアトレード
Kids環境ECOワード
ささしまライブ駅
ささしまライブ駅
体験テーマ

◎火曜〜日曜(月曜日、国民の休日、年末年始は休館)
※詳しい開催日時等は下記の《体験施設お問合せ先》にてご確認下さい

JICA中部

街の風景ががらっと様変わり、ささしまライブ駅前街区。
でも、いつもの顔でJICA中部はここにいます。


JICA中部の交流棟1・2階に設けられている「なごや地球ひろば」。
見て、聞いて、触って地球的規模の課題や途上国の異文化を体感できるこの施設で、楽しみながら国際協力を体験してみませんか。親子で参加できるイベントもありますよ。
この周辺は、愛知大学や中京テレビ局、シティホテルが新しく建ち並び、名古屋市内でも画期的な進化を遂げようとしている街といえるでしょう。ぜひ足を運んでみましょう。

JICA中部

フェアトレードで輸入された商品を購入して、誰でも国際
協力に参加できるフェアトレードショップに行ってみよう。

 途上国の国や地域の人たちが作った商品を直接生産者から適正な値段で継続的に買うことで、途上国の生産者の持続可能な生活向上を目的とする公正な貿易、それがフェアトレードです。
 環境に優しい有機栽培や天然原料の使用を推奨しているフェアトレードは生産者が充分な利益を得られるため、原料となる動植物の乱獲や、大量生産に伴う農地確保のための森林破壊などを防ぐことができ、生産地の環境保護にも貢献しています。
 なごや地球ひろばの買物ゾーンにあるフェアトレード雑貨&ビーンズショップ『フェアビーンズ』では、こうしたフェアトレードで輸入された商品を購入したり、その仕組みについて詳しく知ることができます。
 ここには、コーヒー豆や食品、雑貨など様々なフェアトレードで輸入された商品が揃っているそうです。

フェアトレード雑貨&ビーンズショップ『フェアビーンズ』

フェアトレード雑貨&ビーンズショップ『フェアビーンズ』


 ここでは、JICAボランティアが世界各地で現地の人たちと協力して作られた商品がその活動と共に紹介されていたり、日本でフェアトレードを実践するJICAボランティアOB/OGの手がける商品も購入できます。
 「楽しい」「かわいい」「おいしい」等の魅力的な輸入品の買物を楽しめるだけでなく、生産者情報なども教えてもらえるこのお店で、フェアトレードを通じた国際協力に参加してみませんか?

コーヒー豆

◎世界を知る常設展示と
 テーマ別の企画展示を
 見学できる体験ゾーン

◎1グループ100名まで
 参加可能な団体訪問
 プログラム

◎途上国の食事を手軽な
 値段で楽しめる
「カフェクロスロード」

人気の南米産コーヒー豆
店頭POP

「私と地球環境展−みんなでつくる地球の未来−」

施設内での様々な体験をヒントにして、自分にもできる
国際協力を見つけてみよう。

 海外に出掛けなくても名古屋にいながら、世界を知って国際協力に参加できる施設、それが「なごや地球ひろば」です。
 ここに来ると、さまざまな展示や体験キット等を楽しみながら、世界の今の姿や国際協力について知ることができます。
 また、実際に国際協力活動に参加した青年海外協力隊や地球案内人の海外での体験談を聞いたり、世界85カ国から来ている外国人研修員と話したりと、世界を知る人たちとコミュニケーションを図ることもできます。
 さらに、体験ゾーンでは地球的規模の課題や途上国について理解を含める「基本展」と併せて、「フェアトレード」をはじめ「飢餓と飽食」「生物多様性」「安全な水」などテーマ別の展示を行う「企画展」が、年間2回の期間に分けて展示されています。
 この施設の1階正面玄関には、大きな木をかたどったメッセージツリーが置かれており、ここでの体験をヒントにして来場者一人ひとりが考えた国際協力についての「私にできること」のメッセージを書いた葉を残していくそうです。
 あなたも展示を見たり、体験に参加したり、お話を聞いて感じたことをヒントにして、自分らしい国際協力としてできることをメッセージとしてメッセージツリーに残してみませんか。

各イベントの詳しい内容や参加申込方法などは、
イベント情報|ひろばニュース-JICAなごや地球ひろば
にてご確認ください。
 

ページの先頭へ戻る

 

 

 

【7.8.9月】

 

☆ECOドコおすすめ情報

なごや地球ひろばの2021年
 
企画展・パネル展
2021年3月11日(木曜日)から7月11日(日曜日)
開館時間:10時から17時※現在開館時間を短縮しています。
↓以下のイベントは終了しました。↓
今年は<SDGs>を理解することに
挑戦しましょう。

基本展「SDGs-未来につながる17の約束」
●日時:2020年12月9日(水)〜2021年3月7日(日)10:00〜17:00(開館時間短縮)  
世界の「今」とSDGs(持続可能な開発目標)を達成するためのJICAの取り組みを見てみましょう。展示を通して、私たちの身近な暮らしが世界に繋がっていること を体感してください。ぜひ一度、なごや地球ひろばを体験しましょう。

↓クリックでSDGs詳細あんないへ。

 

お家で楽しむ!パラオの生き物と環境学習ツアー

日時:2020年11月22日(日曜日) 13時00分〜15時00分
会場: オンライン配信(ZOOM)にて開催 
主催: JICA中部 協力: 株式会社鳥羽水族館 

<内容> 太平洋に浮かぶ島国パラオには、地元の子どもたちが海を守れるようにと、海の生態系について学ぶために作られた水族館があるそうです。
その水族館にJICA海外協力隊として赴任していたのが鳥羽水族館の杉本幹さん。杉本さんとパラオの生き物をめぐるツアーの映像と共にパラオの生き物について学び、パラオの人びとがどのように環境を守る取り組みをしているのかについて学びます。日本で唯一、鳥羽水族館だけが飼育しているジュゴンのセレナに鳥羽水族館からのオンライン講座で会えるかも・・・!? 

<対象> 小学生以上
<参加費> 無料 <定員> 100名
※応募者多数の場合は先着順。
申込み方法: メール件名「パラオの生き物と環境学習ツアー」 代表者氏名、参加人数、連絡先(Email/TEL)を明記のうえ、JICA三重県デスク (1)Eメール(jicadpd-desk-mieken@jica.go.jp) (2)電話(059-223-8003)で
 11月19日(木曜)17時00分までにお申込みください
※ご参加の方には開催前日までにZoomのリンクをメールアドレスに送信いたします。お問い合わせ: JICA三重県デスク 担当者:国際協力推進員 アモア 電話番号:059-223-8003 ファックス:059-223-5007 Eメール:jicadpd-desk-mieken@jica.go.jp  

 

下記ワークショップはは終了しましたが
「SDGs -世界を変える17の約束-」
1階で継続中

S:sustainable(持続可能な)
D:development(開発)
G:goals(達成目標ゴール)
SDGs(エス・ディ・ゴールズ)とは
2015年の国連サミットで採択された2030年に向けて加盟国193カ国が達成するための『持続可能な17の開発目標』です。

SDGs17の目標
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに

3.全ての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんな
5.ジェンダー平等を実現しよう  
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなにそしてグリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基礎をつくろう

10.人や国の不平等をなくそう

11.住み続けられる街づくりを

12.つくる責任使う責任

13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16..平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう
お問い合せ
JICA中部 なごや地球ひろば
担当者:地球案内人
電話番号:052-533-0121
ファックス:052-564-3751
Eメール:jicacbic-hiroba@jica.go.jp
 

【体験施設情報】

フェアビーンズなごや地球ひろば店

■営業時間
 平日10:00〜17:00
 土日10:00〜17:30
■定休日
 月曜日、年末年始、国民の祝日


JICA中部 なごや地球ひろば

■開館時間
 10:00〜18:00(閉館の30分前まで
 にご来館ください)
■休館日
 月曜日、年末年始、国民の祝日
■入館料
 無料

《体験施設お問合せ先》

フェアビーンズ
なごや地球ひろば店

電話番号:052-583-6480

名古屋市中村区平池町4丁目60-7
JICA中部なごや地球ひろば内


JICA中部 なごや地球ひろば


(外部リンク)

電話番号:052-533-0220
FAX番号:
052-564-3751
地球案内人カウンター」
電話番号:052-533-0121

名古屋市中村区平池町4丁目60-7

 


http://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/index.html



【アクセス方法】

あおなみ線「ささしまライブ駅」下車
徒歩約3分


大きな地図で見る

Copyright(C)2010 adscoop Kids-Kankyou-Ecoword.ECO-doco All Rights Reserved.