Kids環境ECOワード体験情報ナビECOドコ あおなみ線編

HOME>あおなみ線編>荒子駅「地産地消」


P R


あらこえき
地産地消
Kids環境ECOワード
荒子駅
荒子駅
体験テーマ

2017年秋開催決定
中川区地産地消フェアは
11月4日(土)に開催決定です。

 地元で作られた農産物を購入して消費する地産地消は、人と環境に優しい取り組みとして定着しています。

 
 

2016年11月の地産地消フェアの様子です。

「中川区地産地消フェア」レポート-2016

オープン30分前には1000人余の長蛇の列

中川農政課が主催する,地産地消フェア。
11月5日(土)中川区役所 駐車場で開催

名古屋市中川区やその近隣区で生産される地産地消の
野菜、果物、お米等が即売されました。
このフェアも7回目とあって大変な盛り上がりを見せていました。
開門30分前には昨年を越える1000名の長蛇の列。
最近良く耳にする
中川区生まれ、日本初の結球白菜の生産に
100年以上前に成功した
白菜の元祖ともいわれる野崎白菜は
販売開始後わずか1時間あまりで完売。
生産農家にとっては
栽培が難しかっただけに
ほっとする一日となったようです。

 

2015年11月の地産地消フェアの様子です。

「中川区地産地消フェア」レポート-2015

オープン30分前には600人余の長蛇の列

 


↓  2014の地産地消フェアの様子です。↓

「中川区地産地消フェア」レポート-2014
2014年「中川区地産地消フェア」の様子を撮影したものです
2015-2

 地元で作られた農産物を購入して消費する地産地消は、人と環境に優しい取り組みとして注目されています。
 中川区役所で開催される地産地消イベントに参加して、楽しみながら身近な地産地消を体験してみませんか。

「中川区地産地消フェア」レポート-2
2014年「中川区地産地消フェア」の様子を撮影したものです
2015

 名古屋☆中川区ブランド野菜製品開発研究会が、地元のブランド野菜キャラクターとして着ぐるみ『はくちゃん』を誕生させました。地産地消フェア会場のステージで中川区民の皆さんにお披露目です。可愛いダンサーシャキシャキはくちゃんズとともに紹介され、喝采を浴びていました。

 
↓2014年11月8日(土)に開催されました
早朝から地産野菜を求めて大勢の区民でにぎわう会場
区内農家の新鮮で安心な野菜に人気です。
元祖幻の野崎白菜等が並ぶ
午前中でほぼ完売になった地元野菜でした。

来年も益々充実して、開催して欲しいものです。
主催の中川農政課さんに感謝です。

 

 

昨年度以前の開催風景

↓2013年は11月2日(土)に開催されました。

野崎白菜をはじめ中川区生産野菜は
午前中で完売の盛況ぶり
2013中川区地産地消フェア
↓2012年11月17日に開催されました。
大盛況の中川区地産地消フェア

「中川区・地産地消フェア」イベントレポート

※以下のイベント写真は、2010年11月6日に開催された
「中川区・地産地消フェア2010」の様子を撮影した写真です。

地元産野菜や加工食品などが次々と売れていく中川区ブランド野菜ブース

新鮮な野崎白菜や加工商品に人気集中

地元マスコミも取材を実施

年々高まる「地産地消」に対する関心と意識。
昨年の約3倍の入場者で賑わった地産地消フェア

 2010年11月6日(土)に、中川区役所を会場に「中川区地産地消フェア2010」が開催されました。
 昨年初めて開催されたイベントの成功を受けて、今年も開催された地産地消フェアに対する地域の方々の関心は高く、入場者数は昨年の約3倍に相当する9500人余りを記録しました。
 これから、この地産地消をテーマに開催された地域密着型イベントの様子をご紹介していきます。

スタート直後から多くの来場者で賑わった地産地消フェア会場入口

地元産農産物を使った加工食品の試食が好評の中部大学ブース

会場内の各ブースで活躍する中川商業高校の生徒達


地元産野菜の生産から消費までの流れを身近に感じる
野崎白菜試食・販売ブース。

 今回のイベントでは、地元中川区発祥の幻の白菜「野崎白菜」を使った豚鍋をはじめとした試食コーナーが設けられました。
 ここで使われた「野崎白菜」は地元の生産農家の方々の協力により、種まきから生産、収穫、加工まで一貫した取組みが行われました。
 地元で生産された野菜を使って、同じ地域のイベントで味わうことができる、文字通りの地産地消の取組みについてご紹介します。

野崎白菜を使った豚ナベ試食ブースでは、用意した1300杯分が完食。

野崎白菜の豚ナベ試食と共に、新鮮な野崎白菜の販売も大盛況

【野崎白菜を使った新メニュー・加工食品の一例】

はくちゃんぶた鍋セット

はくちゃん白菜マン

はくちゃんジャム


名古屋市内でどんな
 野菜が作られているか
 生産してる人に聞いて
 みよう

◎試食コーナーで普段
 食べている野菜と、伝
 統野菜の味の違いを確
 かめてみよう

早朝7時から行われた開店準備

中川区地産野菜販売ブース

地元生産農家によるお米販売

生花販売ブース

中川区の水耕野菜

つくった人達の顔が見える、美味しくて安心・安全な
地産地消のメリットを会場で体感。

 地産地消フェアのブースの中には、地元の農産物生産者や食品メーカーが出店しているブースもあり、そこでは農産物や加工食品などのつくった人の顔も見れて、さらに直接会話をすることもできました。
 ちなみに、この日用意されていた、農産物や加工食品等のほぼ全てが、イベント終了時刻の午後3時を待たずに、午後2時頃までに完売していました。

信州飯田産の産直りんご販売

中川区いちご狩り園


【トピックス】
地元の高校生が開発・製作した、オリジナル米粉パン
の販売ブースに長い行列。

 最近大手パンメーカーが商品化に取り組んだり、家庭で使える製造機が発売されるなど、小麦粉の代わりに米粉を使った米粉パンが注目を集めています。
 地産地消フェアでも、地元の中川商業高校総合ビジネス科の生徒さんが、授業の一環として開発に取り組んだ中川区産の米粉を使ったオリジナル米粉パンが販売されました。
 この米粉パンは、多くの来場者からの人気を集め販売ブースの前には長蛇の列ができていました。
 ちなみにこの米粉パンは、中川商業高校近くのパン屋さんでも一般販売されるそうです。


多くの人々の協力で開催された地産地消フェア、
この取組みをさらに発展させていくことを期待したい。

 今回の地産地消フェアは、中川区役所、中川区ブランド野菜製品開発研究会、JAなごや中川五反田支店・富田支店、中川区農産物生産者、中部大学、中川商業高校、地元商店、食品メーカー、地域住民など多くの人の協力で開催されました。
 今回のイベントでは参加した高校生や大学生が、地元農産物の生産から、新商品の開発、製造、流通・販売まで、地産地消からマーケティングの基礎を学ぶ体験もできました。
 こうした貴重な経験、今後の社会で活躍する際に活かしてもらいたいと共に、全国各地でそれぞれの地域の特性を活かした地産地消イベントが開催され、活性化していくことに期待しています。

イベント終了後、スタッフとして参加した高校生に対して、
今回の経験を活かした将来の活躍への期待を語る中川農政課長


初回の地産地消フェアの様子はこちら
2009年・第1回「中川区地産地消フェア」レポート

ページの先頭へ戻る

PR



【7・8・9月】

 ☆ECOドコおすすめ情報

2017年秋開催決定
中川区地産地消フェアは
11月4日(土)に開催決定です

会場:中川区役所駐車場
時間:9:30am~1:00pm

 

野崎白菜を始め,中川区さんのトマト、水耕三つ葉など、新鮮な野菜を中心にブースが並びます。
9月上旬頃には詳細が決定します。
このページでのご案内をお見逃しなく。

 

【特集】
中川区ブランド野菜
新製品開発プロジェクト

 以下の5つのページでは、野崎白菜の生産行程、高校生や食品系企業などによる野崎白菜を使った新メニュー・加工食品の開発等、「中川区ブランド野菜製品開発研究会」の活動実績について、詳しく紹介しています。

(1)野崎白菜生産者編

(2)新メニュー開発者編

(3)加工食品開発者編

(4)新メニュー一般公募編
(5)開発製品販売者編

《体験情報お問合せ先》

中川区役所 農政課

電話番号:052-363-4358
FAX番号:052-362-6562
応対時間:月曜日から金曜日
(祝日および休日を除く)
の午前8:45から午後5:15まで

名古屋市中川区高畑一丁目223番地


過去実績

全国的にも知名度が高い
近隣地域のご当地グルメ3品の
販売ブースが特別出展。

 ご当地グルメの全国大会にて上位入賞を果たした愛知県豊川市の「豊川いなり寿司」をはじめ、岐阜県各務原市の「各務原キムチ鍋」、岐阜県郡上市の「奥美濃カレーひっちゃく棒」の3品の販売ブースも設けられました。
 それぞれの地元地域に出かけなくても、こうしたご当地グルメが味わえるため、それぞれのブースには多くの来場者が訪れてその味を堪能しました。
 各ブースとも高い人気を集めて、イベント終了前に完売となっていました。

地元の学生や消防隊による演奏や
専門家による地産地消を学べる
講演会も開催。

八幡中学校ブラスバンド演奏風景

名古屋西高校
津軽三味線部

名古屋市消防音楽隊
リリーエンジェルス

 地産地消フェアでは地元産の農産物や加工食品の販売と合わせて、地元学生や消防隊による音楽演奏や、専門家による地産地消に関連した講演なども開催されました。
 講演会では、国連スタッフによる世界規模の食糧・農業問題の講演を始め、豊川市観光協会スタッフによるご当地グルメの全国ブランド展開への取組み、米粉の専門家による講演などが行われました。
 それぞれに、専門家から地産地消に関わりのある貴重な情報を聞ける、有意義な講演が開催されました。

国連特別講演会の様子


【アクセス方法】

あおなみ線「荒子駅」より徒歩約10分
地下鉄東山線「高畑駅」より徒歩約3分

大きな地図で見る

Copyright(C)2010 adscoop Kids-Kankyou-Ecoword.ECO-doco All Rights Reserved.